糖鎖栄養素について

糖鎖栄養素食品(医療系)

更新日:

糖鎖を元気に保つために必要なのが「糖鎖栄養素食品」です。また、糖鎖栄養食品は異常な糖鎖の修復にも役立ちます。

市販では粉末タイプが多く流通しており、パウダータイプ、液体タイプ等があり、子供に食べやすいのがグミゼリータイプとなっています。

それぞれ利点や注意したい点もありますので一覧表にまとめています。

糖鎖栄養素食品は5種類!形状タイプ一覧表

もっとも使い勝手の良いのが粉末タイプです。スティックに入っているのが一般的で水に溶かしたり料理に混ぜたりと幅広く活用が可能です。

特に高年齢には水またはぬるま湯で溶いて与えることができ、味がほぼついていないものが多く取り扱いが簡単なのが粉末タイプの特徴です。また、小さいお子様にグミ・セリータイプの糖鎖はおやつのように与えることができるため好評です。

形状 特徴など 販売価格
粉末タイプ
  • スティック包装
  • 持ち運びに便利
  • 水に溶けやすい
  • 水なしで飲める
10,000円~20,000円
パウダータイプ
  • 容器保存
  • 水に溶けにくい
  • スプーンで計量
20,000前後
液体タイプ
  • 苦い
  • べたつく
20,000円~
粒タイプ
  • タブレット型
  • 子供にも食べれる
  • 砕けば溶ける
10,000円前後
カプセルタイプ
  • カプセルに粉末を入れたもの
  • 水が必要
  • 子供・高齢者には扱いにくい
10,000円前後
グミ・ゼリー
  • お菓子感覚で食べれる
  • 子供に人気
  • 溶けない
6,000円~
10,000円まで

大きく分けて上記の4種類があります。それぞれメリットやデメリットまた参考商品などもご紹介します。

粉末タイプ-取り扱いが簡単!

粉末は子供から高齢者まで幅広く飲めるオールマイティーな糖鎖栄養素食品です。

水に溶けやすいため、飲み物に混ぜたり食事に混ぜたりしやすいのが特徴で、4種類のタイプで最も扱いやすいです。

介護で与えるにはジュースやスープ、みそ汁など、味のある汁物にいれてあげると飲みやすく違和感を感じません。

市販で販売されている柔らかいゼリーを砕き、糖鎖栄養素食品を混ぜてあげるのも食べやすくする方法です。

ライラック

パウダータイプ-高齢者には注意が必要!

高齢になると自力で飲める人と他人に飲ませてもらう人がいると思います。特に介護で飲ませてあげる場合はできるだけ喉に負担のない粉末を溶かしたもの、または液体タイプを選びます。

しかし、パウダータイプには注意してください。パウダータイプの糖鎖は粒子が細かすぎて飲み込む際に高齢者にはむせてしまうことが多いです。

むせるとパウダーが喉から鼻に回り、苦しい状況になります。

パウダータイプを与えるのであれば、必ず飲み物や食べ物に混ぜて与えることをおすすめします。

商品名
商品名
商品名

画像/p>

画像/p>

画像/p>

アンブロ トース

液体タイプ-即効性があるけど味は苦い!

液体タイプは濃縮タイプで即効性があります。しかし苦いのが最大の特徴です。

4つのタイプの中でも値段は一番高く、30,000円~35,000円前後で販売されています。

粒タイプ-歯が丈夫なら飲める

カプセルタイプ-のどへの引っ掛かりに注意!

グミ・ゼリータイプ-子供にはこれ!おやつ代わりに

グミ・ゼリータイプは子供が食べやすいように作られた糖鎖栄養素食品です。

免研 フナト ●●
テキスト
テキスト
テキスト

画像

画像

画像

-糖鎖栄養素について

Copyright© 糖鎖栄養素ガイド , 2021 All Rights Reserved.